ECO earth 地球のエコを考える

紫外線対策してますか?

紫外線対策してますか?

春は夏よりも紫外線量が多い季節だと言われています。あなたは紫外線対策ちゃんとしてますよね。

今は有害な紫外線が増え、皮膚ガンや白内障、そして免疫力の低下をも引き起こすこと知ってましたか。

単に日焼けしてお顔にシミができちゃうと安易に思ってる人多いんじゃないかな。かく言う私もそうでした。

なぜ、有害な紫外線が増えてきたのか。

それは、オゾン層の破壊が進んでいるからなのです。オゾン層っていうのは、地上20キロメートル以上に広がった薄い空気の層で、厚さ3ミリほどしかない薄いものです。

この薄い層で、地球上の有害な紫外線を吸収してくれるありがたいものなのです。

このオゾン層が無くなれば、私たち地上の生物は皆死んでしまいます。そんな大事なオゾン層が、我々のせいで破壊されつつあるのです。フロンガスって聞いたことありますか。よくスプレーなどに使われていたガスです。冷蔵庫やエアコンなどの冷媒としても使われていました。

このせいでオゾン層が危機にあることを察した人類は、先進国からフロンガスの使用をやめ、発展途上国でも2030年までにすべてのフロンガスの使用をやめることが決まってます。

でもこれまでに放ってきたフロンガスによって30年から50年かけて対流圏内にいて、次第にオゾン層のある成層圏に少しずつ移動します。だから今フロンガスの中止をしたところで手遅れなのです。国連のWHOでは2002年から警告をしています。直射日光を浴びないことや、日焼け止めを塗ること、サングラスを使用することなどです。

すでにバッチリ対策をしている人もいるようですが、まだまだその現状を知らずに平気で日焼けしてる人もいます。日本は紫外線対策についてかなり遅れているようです。夏の暑い中長袖に帽子をかぶりサングラスした人を見ると暑苦しく感じていましたが、この人が正解なんですよ。

お日様に当たることが健康にいいと言われていましたが、今はそのお日様を避けなければならないなんて悲しいことです。

でも全部人類がやってしまった失敗なんです。

自業自得なのかもしれませんね。

オゾンとは