ECO earth 地球のエコを考える

東京湾が汚い〜汚染物質を排除せよ

東京湾が汚い〜汚染物質を排除せよ

東京湾

ちょっと前、沖縄に旅行へ行き、青の透き通った海で最高に癒されてきたんですが、先日東京湾に遊びにいったら、いやぁ汚い。近い時期に沖縄に行ったっていうこともあって、余計に汚く感じてしまいました。東京湾が沖縄ほど綺麗だったら、東京の印象も変わりますよね。子供の遊ぶ場所も増えて自然と触れ合えて~…いや、きれいになるはずないから想像するのやめます。(笑)

それにしても本当に汚いですよね。東京都には申し訳ないですけど。なんで汚いかをちょっと調べてみたんですが、東京の人口の問題と、工場が多いということが原因のようですね。主に高度経済成長期にがっつり汚くなったようです。

人口も多いので生活排水が処理しきれずに東京湾へ。高度経済成長ということもあり工場の稼働率も高いからたくさんある工場の排水が東京湾へ。そのころはまだ工場の排水規定が甘かったのもあってかなりの汚水を垂れ流していたんでしょう。あと、成ってない人間たちが海へごみをポンッと捨てちゃってたりも多かったそうで。

それから今に至るまで、ず~っと汚いままらしいです。

なんでキレイになんないんでしょう。やっぱり人口分の排水処理がまだ間に合ってなかったり、ごみを捨てちゃう人もいるからか。工場は規制が前よりしっかりしたからよくなったんでしょうけど、完璧じゃないでしょうし、その影響もまだまだありそう。

あと、東京湾は湾なので水が外に出ていきにくいってこともあるみたいですね。大きな海だったら同じ分の排水やごみを投げ入れても、ここまで汚くはならないと思います。いやいや、大きい海に捨てろって言ってるわけじゃなく。東京湾をきれいにするためにはその周りの人たちや企業がかなり長い間頑張らないと無理みたいですね。東京を停止させることなんて無理だろうし、その周りに住んでる人はどっか引越してくださいってのも無理でしょう。ってことは、きれいになりそうもありませんね。

他にも関連性があるということで海が汚い理由も調べてみました。みなさん海洋深層水って飲んだことあります?そういたネーミングの水が売ってたりするんですが、それも海の環境を害しています。海洋深層水も海の環境には必要な物ですが人間が奪っちゃってるのか…

あと、常に緑の葉がついているような木を常緑樹というんですが、緑を増やすためなのかわからないですが、戦後に海外から輸入してたくさんその常緑樹を植えたらしいんです。そのせいで落ち葉や木の実が落ちないことで土に養分がいかず、海に栄養を運ぶための川に栄養が流れ出ないこともあって、それも海が汚い原因だと。知らなかったですが、全部、日本の自業自得でしたね。確かに緑も大事ですが、もうちょっと考慮すべきところはあったんじゃないかと思いますけど、今さらこの環境は変えらるはずもなさそう。

ちょっと調べてみたら海が汚い理由ってたくさんありますね。汚くしてる張本人は、海を綺麗にしたいと思っている私たち日本人ですが。やっぱり自然の摂理以上に何かを欲すると、バランスが崩れて違う何かが犠牲になってしまうんですね。自然は正直ですね。

いつか東京の海が青くなるように、少しずつでも現代の私たちができることをやっていきましょう。

東京湾環境情報センター