ECO earth 地球のエコを考える

太陽光発電で環境に優しく

太陽光発電で環境に優しく

太陽光発電と環境

最近巷ではエコが叫ばれている。自宅で出来るエコな事と言えば太陽光発電の設置がある。私が持つ太陽光発電のイメージといえば、設置費用が高い・余った電気を売ることが出来るぐらいだったので、少し調べてみることにした。

まず太陽光発電を付けるメリットは売電以外にもいくつかあった。クリーンなエネルギーなので環境に優しいこと、そして震災時の非常用電源として使用できること。現在日本だけではなく世界各地で異常気象が起こっている上、ここ数十年の間に必ず起こるとされている大震災など。ライフラインが完全に切断されてしまったような時に太陽光発電が設置された家に住んでいれば溜めた電気を使うことが出来るという訳だ。

しかし付けることがメリットだけという訳ではなさそうだ。私のイメージ通り、設置するにはそれなりのお金がかかる。以前よりは費用が下がっているようだが、自宅に設置する場合で120〜200万円程必要になりそうだ。現在では国からの助成金はないが、地域によっては独自で補助を出しているところもあるので調べてみるといいかもしれない。

そして、大事なのは設置する場所。実際に太陽光発電に興味を持っても設置する場所がなければどうにもならない。仮に一軒家に住んでいて設置する場合、大切なのは屋根だ。基本的に屋根の上に設置することになるので、その屋根がパネルの重さに耐えられない場合や、屋根の形によっては設置出来ない場合もある。設置した向きが太陽に向かなければ設置しても電気を作ることは出来ないかもしれない。

高いお金を払って設置するなら日照時間も検討して、どれぐらいの利益が見込めるのか考える必要がある。住んでいる場所によっては雨や曇りが多い場合もあるので、注意が必要だ。

それから日が照っている昼間に電気を作るので、日中家にいてたくさん電気を使う場合は売電するほど電気を溜めることが出来ないかもしれない。逆に昼間全く家にいないような場合であれば、毎月一定の利益が見込めるぐらいの発電が可能だろう。

東京湾が汚い〜汚染物質を排除せよ